娘のこと~大学入試, 更年期の私のこと

「学問のすゝめ」の誤解。

6月に、受験生用のマンガのお話をしました↓↓↓

受験生ならマンガを読もう!と言われ・・・

実は日本史のシリーズには近代編という2冊目があって、「読んで損はないだろう」ってことで購入してました。
娘はもちろんですが、私もちょっと読んでみようと思って目を通すのですが、
これが意外に難しくて、なかなか頭に入ってきません💦
そうとう、カチンコチンに頭が固まってしまってるようです(笑)

マンガなのに読み進むのに時間がかかっていますが、何度も読み返すと効果はあるようです♪
改めて、現役の娘を尊敬しました😉

その中でまた発見したことが・・・👀

福沢諭吉の「学問のすゝめ」の冒頭部分にある
「天は人の上に人を造らず。人の下に人を造らず。」という有名な一文がありますよね、

私もちゃんと学習したはずなのですが、50歳の頭の中では、人はみな平等である・・・と説いたものだと思っておりました。が、ちがうんですよね、

「人は産まれたときには平等だけれど、知識量によってすごく差ができるから、みんな勉強をしていきましょう」という啓蒙書なのだそうです。

↑↑↑マンガの中で福沢諭吉さんがわかりやすく説明してくれました(笑)

娘に「知ってた~?」って聞くと、
「こないだ池上さんがテレビでいってたやん」との返事。

ふ~ん、テレビね~、母はテレビがついていても、なんやかんやと用事してるから集中して見てないねん、だから内容もきっちりと入ってこないねん!
ってグチグチ言ってしまいましたが💦

いい加減な知識がつまった50歳、なんとか修正していかなあかんな~ってつくづく思います・・・

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です