娘のこと~大学入試, 早稲田大学

やっぱり不安な学費・・ため息で起きる朝

愚痴です。

やっぱり、大学進学の学費の不安が常に頭からはなれません。

地方から早稲田大学へ行きたいという娘。
学力も足りていないですが、学力は本人の努力次第。
親としてはお金を準備してできるだけ希望を叶えてあげたい。とは思い、
毎日毎日、電卓をたたいて計算している毎日です。

早稲田大学はとてもすばらしい大学ということが調べていてよくわかりました。経済的に苦しいけれど、早稲田で学びたいという学生のための奨学金の種類の多さ、充実ぶりにはびっくりしました。

でも、都心部なだけに、学費以外にかかる費用の大きさといったら・・・

ため息しかでません。

主人と私の温度の違いも、今のわたしには辛くて・・・

主人はきっと、学力も足りないし、東京へは行ってほしくない、だから現実的に考えられないのだと思います。
主人が稼いできてくれていて、やりくりは私がしているので、これ以上お金について相談できる事もなく・・・

私が他に稼ぐのが一番の解決策なのですが、そう思ったとたんに父が入院したりしてWワークには不安が残りました。

けれど、落ち着いた今、もう一度Wワークを考えてみようかな!

できるだけのことは、してあげたいですよね。

朝の愚痴でした。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

やっぱり不安な学費・・ため息で起きる朝” に2件のコメントがあります

  1. 今日ブログ読ませていただきました。
    確かに学費は不安な事が多いと思いますが、早稲田は予約奨学金制度があるので秋に申し込みをすれば、春季の学費がタダになります。
    但し毎年成績によって確認があるので、入った後は娘さんに勉強を頑張って貰わないといけませんが、これがあれば学費は国立並みです。
    あとは学生奨学金も借りて貰えばアパート代にはなります。
    アパートも探せば6万代でもあります。そんなにオートロックでなくても治安の良いところを探してあげれば大丈夫だと思います。
    東京に行きたいのならば、それなりに娘さんにも協力してもらうしかありません。
    めざせ、都の西北奨学金で検索してみてください。
    ため息が少しでも減って、娘さんを応援してあげれるように頑張ってくださいね。
    東京の私立はここの所合格者も減少させています。合格するのは大変だと思いますが良い結果になりますように。

    1. フミフミさん、コメントをありがとうございます。
      教えていただいた「都の西北奨学金」については知っておりました。
      教えていただいたように、春季の授業料が給付なんて!と発見当初はとても驚きました。
      それと同時に、奨学金は卒業生からの寄付金からなることも知り、胸が熱くなりました。
      本当にとても素晴らしい大学だなと知ることが出来ました。
      それでも、学費以外に考えると、今の収入のままではギリギリで、他の奨学金も借りてという
      とても大変な生活になるのを覚悟すると・・・不安で苦しくなってしまうのです。
      情けないのですが・・・
      関西の私立大も、定員の厳格化が進み、この2年は厳しい結果になっているようです。
      ただ、娘ががんばると思っているのに、不安にばかり駆られてしまう自分がなさけなくて・・・
      今のままでは学力が届きませんが、娘の気持ちをしっかりと受け止めながら、考えていこうと思います。

      ずーんと落ち込んでいましたので、お声を掛けていただいて、とてもうれしく思います。
      ありがとうございました。
      また、何かありましたら、アドバイスください。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です